太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)

太宰府天満宮は、平安時代の貴族で政治家の菅原道真が死去したこの地に創建された神社です。天満宮は菅原道真を祭神とする神社で、京都の北野天満宮とともに全国に数多くある天満宮の総本社でもあります。

菅原道真は学問の神様として知られ、今も受験や学問成就、芸能上達などにご利益があるとして全国から大勢の参拝客が訪れています。

また天満宮の奥にある天開稲荷社はその名の通り、開運と幸運をもたらしてくれるパワースポットとして近年、人気が高まっているとのこと。

太宰府天満宮(公式サイト)

太宰府天満宮(WIKI)

アイキャッチ画像はWIKIからお借りしました。

 

関連記事

  1. 英彦山(ひこさん)