英彦山(ひこさん)

英彦山(ひこさん)

英彦山は福岡県と大分県の境にある霊山です。古来、神が棲む山として地元の人々の篤い信仰を集めてきました。

主祭神は、天照大神の御子、天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)。そのことから「日の子の山」、すなわち「日子山」と呼ばれていましたが、のちに英彦山と改称されたといいます。

神仏習合が進んだ中世以降、「英彦山権現様」を祀る修験の山として九州はもちろん全国にもその名を轟かすようになり、一時は出羽湯殿山、熊野大峰山と並ぶ日本三大修験場として栄えました。

農業の神でもある祭神・天忍穂耳命の御神徳により農業、鉱業、製造業にご利益のあるパワースポットとなっています。

 

英彦山(WIKI)

英彦山神宮

アイキャッチはWIKIよりお借りしました。

 

 

 

関連記事

  1. 田沢湖

  2. 磐船神社

  3. 萬歳楽山

  4. 由加山

  5. 愛宕山(岩間山)笠間市

  6. 太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)